飛ぶドライバー売れ筋ランキング@高反発ドライバーが飛距離をグンと伸ばす!

飛ぶドライバー 高反発

・若い頃より飛ばなくなった
・あと10ヤード飛んで欲しい
・どんどんスコアが悪くなる
・もともと筋力がない

 

このようなお悩みはありませんか?アマチュアゴルファーの楽しみは、何と言ってもスコアをのばすこと。そのためにはドライバーでの飛距離は外せません。とはいえ、トレーニングする時間はない、始めた年齢が高い、女性である、といった理由から簡単伸びるものでもありません。

 

そんな方の強い味方となるのが、高反発ドライバー。飛距離を伸ばせる工夫がたくさん詰まっています。当サイトでは、飛ぶドライバーを売れ筋でランキング。飛距離を伸ばしたいとお考えの方は、ぜひご覧ください。

 

ハヤブサの特徴

+30ヤードも夢じゃない!飛ぶ高反発ドライバーです。開発に3年の歳月をかけ、ようやく完成。飛距離を伸ばす秘訣はスイングスピードだけではありません。ドライバーの重心が安定しているから、力まず自然体でスイングできます。安定した振りやすさで、ボールに力がそのまま伝わるので遠くに飛びます。しかもスイートスポットが広く芯に当たりやすい。その飛距離と打感に驚く人多数。見た目は他と変わらずバレないのも嬉しい。シニアゴルファーが選ぶ、ドライバーランキング1位!

価格 98,000円
評価 評価5
備考 低重心+深重心で力の伝道が最大限に

 

テーラーメイド SLDR Sの特徴

どんなスイングスピードでも飛距離を生み出せるドライバーです。低・前重心設計を進化させ、さらなる高弾道&低スピンを実現。クラウンには独自のホワイトカラーを採用、視覚的に大きく見えて構えやすく、イメージ通りのショットへ導きます。クラブ重量をさらに軽量化、ヘッドスピードを高めてボール初速度向上へ。また、オリジナル軽量シャフト採用で、スムーズな振りと飛距離アップに貢献しています。

価格 19,980円
評価 評価4
備考 低スピン多様なスイング対応

 

キャロウェイ XR16の特徴

フェース全体でボールの初速を高めて飛距離を出すドライバーです。クラウンを再設計した最先端ヘッドは、空気抵抗を抑えたヘッドシェイプ。R・MOTOフェース軽量化の分を、クラブヘッドに再配分して慣性モーメントをUP。重心を低く・深く設計しているので、どこで打ってもボール初速を高めます。スライス防止効果、ボールのつかまり向上を実現。スムーズな振り抜きを実現するシャフトを採用しています。

価格 79,000円
評価 評価3
備考 空気抵抗を抑えたヘッド

 

飛距離を伸ばすなら!高反発ドライバーに決まり!

 

みなさんは、PRGR RSドライバーF というものをご存知でしょうか。高反発ドライバーをたくさん作成しているPRGRというところが、ゴルフのルール適合内に収めるのに大変苦労されたといわれているドライバーです。苦労なさっただけあって、フェースの広い部分を使い、ルールギリギリともいえる反発力を実現することのできたもの。今ルール適合内ドライバーの中では一番飛ぶモデルでしょう。

 

実際に構えた時の感じは、フェース部分は明らかに右を向いているようです。フェードを打ちたい人やフックを嫌っている人にとってはとてもいい感じのものですね。表示ロフトとリアルロフトについては、そんなに違いというものは感じられません。実際にこのドライバーを使って打ってみると、弾道は高めとなるようです。クラウン部分のたわみによるものなのか、それとも重心深度が深いことによるためのものなのかは不明です。かといって、それほどスピン量が多いわけではなく、適正スピンのように思えます。実際に打っていて、ドロップするような球というのは一度も出てこなかったのです。キャリーボールでがっちり飛距離を伸ばすことができます。

 

それから、カタナゴルフのドライバーのことは知っていますか?高反発のものをイメージしてしまう方が多いだろうと思うのですが、15周年記念ドライバーとして発売されたものもやはり高反発ドライバーのようです。こういったドライバーの売り文句として、「低重心・低スピンで飛ばす」という言葉がよくかかれています。ですが、あまりにもスピン量が少な過ぎてしまうと、逆に飛ばなくなってしまうようです。ヘッドスピードについてはそれほど早くない方については、ある程度ロフトがあったものの方がいいようです。また、重心も深めである方がスイートエリアが広くなってくのでつかまりやすくなり、やさしいようです。

 

飛ぶドライバーはシニアの方におすすめ

 

ゴルフをされる人たちにはいろんな年代の方がいらっしゃいます。それこそ、老若男女問わずに様々な方が趣味として、あるいは職業としてゴルフをしているのです。そんな中にはもちろんシニア世代の方も大勢いらっしゃることでしょう。そんなシニアの方たちが使い安いシニア向けのドライバーというのはどんなものなのでしょうか。なにか特徴はあるのでしょうか。

 

シニア世代ともなるとほとんどの方に言えることが、体力が落ちてきているということです。そんなふうに基本的な体力が落ちてきたとしても、願望としては飛距離というものをいつまでも追求していきたいことでしょう。そんな願望にこたえるように、重量が軽く作られているのです。それから、ロフト角は球が上がり易いようにできていて、10.5度から12.5度とゆうように少し多めになるよう設計されています。シャフトについても比較的柔らかめの物が装着されておいて、しなることによって遠くまで飛ばせるような仕組みになっているのです。

 

シニア向けに作られたドライバーというのは、シニ層の方をターゲットとしているわけでありますから、高級感といったものもかなりあるようで、相当贅沢な作りとなっているようです。それに競技などには参加しないという前提であるのならば、高反発モデルというのもおすすめでしょう。道具の恩恵といったものをしっかりと使って、ワンランク上のゴルフライフといものを贅沢に楽しんでいってみてはいかがでしょうか?

 

高反発ドライバーはパワー不足の女性におすすめ

 

今の時代、女性でゴルフをされている方は大勢いらっしゃいます。年々増えていっているといっても過言ではないでしょう。そして、ここにきてやっと女性用のドライバーというものが充実してきたようです。昔は、女性用のドライバーについては、ほんの数種類くらいしかなくて、その中から選択しなければなりませんでした。でも、今は各ブランドや各メーカーからこぞってたくさんの種類のドライバーが販売されるようになりました。もしも飛距離を求めているのでしたら長尺ドライバー選び、それをゆったりと振ることですね。ロフト少し大きめのものがよいかと思います。

 

ゴルフをされる女性の方におすすめしたいドライバーのメーカーがいくつかあります。ブリヂストン、キャロウェイゴルフ、ダンロップ、ミズノ、テーラーメイド、ヤマハ、ロイヤルコレクション、ピン、フォーティーン、プロギア、本間ゴルフ、カタナなどです。ブリヂストンのものは「TOURSTAGE ViQ CL ドライバー VT-406W レディス」がおすすめです。アドレスの際の安心感、そしてミスヒットをカバーしてくれる445cm3大型ヘッドが魅力でしょう。ボールが比較的上がりやすいとされる薄型形状になっています。目標に対してスクエアに構えやすいフェースのスコアラインです。スイートエリアを意識させる5つのドットライン(白色)。アドレス時の安定感を高め、ナイスショットをサポート。シャフトに入った2本のラインが安定したテークバックをサポート。また、同じくブリジストンで「J615 CL ドライバー J15-31W レディス」もおすすめです。スコアUPを目指したいのであれば、たった一打であっても少なくしておきたいものですよね。このドライバーはゴルフそのものを輝かせてくれる女性専用の設計となっています。その人にピッタリ合ったベストな弾道を実現可能にしてくれます。

 

初心者も簡単に飛ばすなら高反発ドライバーがいい

 

初心者にとっておすすめのドライバーにはどんなものがあるでしょうか。それを知る前に、まずは初心者のドライバーショットの特徴についてきちんと理解しておく必要があります。

 

初心者が行なうドライバーショットというのは、特徴が6つほどあります。
1つめは、スイートスポットに当たる確率が非常に低いということです。
2つめは、ヘッドスピードがとても遅いということです。
3つめは、ゴルフボールが上がっていかないということです。ダウンスイングをする際、体がターゲット方向へと動いてしまう為にダウンブローでインパクトしてしまうので、ロフトがかぶることになり、どうしてもボールが上がりづらくなるのです。
4つめは、スライスし易いということです。初心者のうちは肩の力がなかなか抜けず、手打ちになってしまいやすい為、スイング軌道がアウトサイドイン(カット)軌道になりやすくなり、スライスしてしまうのです。
5つめは、スピン量が多くなるということです。スライスボールは、どうしてもスピン量が多くなり、ランが出ません。
6つめは、手打ちになってしまうことです。腕力さえあれば、早くスイングできるだろうと勘違いしてしまうのです。ヘッドスピードを上げていくためには、肩の力や腕の力はとにかく抜くことです。

 

こういったことから、初心者におすすめしたいドライバーは、これら6つの特徴を改善していけるようなドライバーということになります。
スイートスポットに当たる確率が低くなってしまうことを改善するためには、ヘッド容積460CCに近く、反発係数の高くなるエリアが広いドライバーがよいでしょう。ヘッドスピードが遅いというならば、シャフト部分はちょっと長めであり、柔らかいものがおすすめです。

 

ボールが上がらないことを改善したいのであれば、ドライバーのロフト角を10.5度以上にしましょう。スライスし易い場合は、「つかまりやすい」ドライバーを選ぶようにしましょう。スピン量が多いのをなんとかしたいのであれば、ヘッドが低重心のドライバーを選びましょう。手打ちになってしまう場合は、ちょっと重たいドライバーを選ぶようにしましょう。

 

コスパが高いゴルフドライバーはどんなの?

 

できることなら、コストパフォーマンスの高いドライバーを購入したいものです。そのためには、次に挙げる4つの方法を実践していくのがよいでしょう。

 

1つめは、マークダウンのクラブを狙うことです。ゴルフクラブを販売する際、それぞれのメーカーにおいては1〜2年の周期で新モデルを市場へと投入していきます。新作であれば、もちろん価格は高くなりますが、販売してからだいたい半年〜1年くらい経過してしまうと、マークダウン(値引き販売)を行うことがほとんどでしょう。ここ数年、新作の投入サイクルというものがかなり短くなってきています。そのため、マークダウンもかなり早い段階で行われているようです。
2つめは、中古クラブや買取保証制度があるショップへ行くことです。もし、あなたが中古クラブへの抵抗がないというのならば、買取制度もかなり充実していますので、一度購入してみるとよいでしょう。購入してみて、もしも自分に合わなかったのであれば、買取制度を利用することにより失敗したとしても費用を抑えられます。中古のゴルフクラブであれば、在庫数は55万本もあるゴルフパートナーがなかでもおすすめです。
3つめは、始めから安い値段のメーカーを狙うことです。それにはアメリカン倶楽部というところがおすすめです。アメリカン倶楽部というところは、ゴルフクラブの販売価格というものが国産の1/5程度くらいから設定されています。そのため、コストパフォーマンスという面においてはとても優れたメーカーといえるでしょう。
4つめは、もし今円高であるならば海外並行輸入モデルを狙ってみることです。アベノミクス効果により円安となってしまったドル円が今は1ドル100円程度まで円高になってきています。並行輸入品であれば、円高になればなるほど安く購入することが可能です。

 

ゴルフドライバーの修理はどうすればいい?

 

ゴルフ用品を修理する際にかかる費用というのは、使用している外壁材や塗装材、そして施工方法等、希望するゴルフ用品の修理内容や現状の設備状況等の条件によりて変わっていきます。ゴルフ用品を修理に出さなければならない理由として一番多いものは、ゴルフクラブのグリップの交換やシャフトの入れ替えでしょう。それ以外にも、クラブのライ角の調整やバランスダウン、ソール剃りやキャディーバッグの修繕といったものがあります。

 

グリップを交換するのが好きな方もいらっしゃるかもしれません。ただ、グリップがすり減ってしまっていたり、劣化してしまっていたりすると、握ったときの手がとても滑りやすくなってしまいます。特に雨の日においては、グリップの状態がスコアに直結するくらいとても重要となっていきます。あまり使用はしていなかったとしても、ゴム製品であれば経年劣化によってどんどん傷んでいきます。使用頻度等にもより違いはありますが、おおよその目安としては、一年くらいのサイクルを目途にできるだけ早めに交換するのがいいでしょう。

 

シャフトについてですが、これが折れてしまった場合についてはもちろんなのですが、シャフトにキズが入ってしまった場合についても、いつ折れてしまうかわからない状態となってしまうので、安全面の観点からいってもできるだけ早めに交換していただくことをお勧めします。交換する場合は、最初に入っていたシャフトと同じ物を使用した方がいいでしょう。一本だけシャフトのフィーリングが違っているものを使ってしまうと、スイングする時のリズムというものが崩れてしまうのです。
そうすると、知らず知らずのうちに調子を崩してしまう原因になるのです。

 

いくら値段が安いからといって異なったシャフトを使ってしまうのではなくて、同じものに交換するか、あるいは変えるのであれば全セットのシャフトを交換してしまってフィーリングを統一してしまうことをお勧めします。